FC2ブログ

EJ復帰UO

Ultima Online Endress Journey (EJ) 復帰民のブログ。釣り日記のようになってしまっていますが釣りばかりしているわけでもありません。

しおしお

アルは一昨日の運動会で筋肉痛になった結果、昨日の釣りは休み。……ということにしておこう。単に帰宅が遅くてゆめの日課しか出来なかっただけなのだが。

さて今日は筋肉痛も癒えたので再び海へ。ところが……どうしようもなくしょぼいクエ続き。
20181021_01.jpg
20181021_02.jpg
20181023_01.jpg
20181023_02.jpg
3番目のクエなんか、PS105すら来ない。そして4番目のやつ。PS105までではあるが……スパイニーロブスターが7匹しかない様子。ブリテイン港で採らねば。

しょぼいクエ続きでしおしおだが、先日の運動会の第三競技を思えば耐える事が出来る。
スポンサーサイト

みずほ学校10月「ミニ運動会?」 2018年10月20日

さてスポーツの秋ということで表題のイベントに参加。集合場所のニューヘイブン八徳学校へ。今日は参加者では2番乗り。やがて時間になり、開会。
20181020_s01.jpg
私以外にも体操服の方がいらっしゃる!

開会挨拶後、会場へ移動、いつもながら会場は凝ってらっしゃるなあと思う。会場全景は先生のサイトに。そしてチーム分け。「我こそはリーダー!」という人を先生が募るも、誰も名乗り挙げず。ここらへんが奥ゆかしいというかシャイというかMZHっぽいと思うのは私だけではなかろう。そこでトリ首長が名乗りを。必然的に(?)、もう一方はスカラ首長という展開に。あとは参加者がどちらか希望する側へ分かれるということで、私はスカラ首長チームに。
20181020_s02.jpg
スカラ首長は、自分のほうに集まる物好き云々と仰っていたが私は実はある目論見があった。チームに分かれたので、先生からタスキが配布される。トリ首長側は赤。こちらは青。そう、この展開。
20181020_s04.jpg
体操服の色と、タスキの色が一致! 素晴らしい!! トリ首長が青側陣地にいたのならそちらに行ったことだろう。

さて第一競技は「走り競争」。会場の外周をトラックに見立て、そこを2周する。コースアウト(内周部に入り込む)3マスくらいで失格。私の番、けっこうマウス操作する手が緊張する。コースアウトを意識しすぎてか、敗退。敗退してあとは他の方の走りを見るだけかと思いきや、まさかの敗者復活戦。走ると時間かかるのでサイコロ勝負! そして何と私が勝利! これは希望が持てる。敗者復活からの上位食い込みはみずほ学校イベントではよくあるのだ。

さてその結果……次の対戦で勝ち上がり、ベスト4に。ところが対戦者がおらず、何と先生との勝負に! これは負けるだろうと思いきや勝利。決勝戦へ。決勝戦では敗退、2位に入賞。こそっと、私が一番多く走っていたのではなかろうか(合計4走)。

休憩を挟んで、第二競技「団体戦リレー」。チームで順番を決めて(ただし大将は最終ランナー固定)トラックを1周ずつ(ただしアンカーの大将のみ2周)繋げて行くリレー。タスキ渡しとかあったら死ねるな、と思っていたがそれはなかった(が、この後にタスキ渡しなんぞいかに楽な作業かと思わせる展開になるのだが)。最初にチーム内で順番決め。こちらはその場に並んでいる順番! 私は第4ランナーとなった。第一競技と比べると勝負は短時間で決まり。我がチームは敗北、でも良いのだ、みなで何かをやること自体に意義がある! 特に私の如きぼっちプレイヤーにとっては!

最終競技「物置対決」。個人競技。チーム分けされている同一色の陣地(9x5で45マス)に、45スタックされた布を1枚ずつ置いてゆく(!)というもの。これは説明聞いている時点でしんどそう。さっきの「タスキ渡しなぞまだ楽」はこれのことだ。精密操作が要求される。ちなみに開始地点はどこからでも良く、端から並べてゆかねばならないなどということはない。

私はいきなり初戦に指名されてしまった。とにかくやるしかない。やってみると非常に地味ながらしんどい。見ている人のために先生が次回のイベントの説明をなさっているようだがちゃんと聴いている余裕なぞない。途中、半角全角キーを押してしまったらしく1スタック分けが出来なくなってちょっと止まったりもしたが何とか勝利。正直、UO今までやってる中で一番の苦行だったように思える。そう、ブリタニア図書館奉納のために皮だのインゴだの延々と取り続けた時よりも。一向に採れないブルークラブ採っている時よりも。勝ち上がったのは良いが喜びより「えーまたこれやるのか」とすら思えるほどに。自分もそうだったけど、終わったあとの競技者の発言に「111」とかが付くのはまあ納得だ(笑)。ちなみに布を敷き詰めるというのはこういうこと。
20181020_s03.jpg
これを手動で1枚1枚スタックから切り離してやるのだ。競技は2回戦で敗退。対戦相手の方はとても手際が良かった。3位決定戦でまた敷き詰めるのかとびびったがサイコロ勝負で。非常に低レベルな(?)サイコロ勝負の結果、残念ながらこれは敗北した。

全競技が終了し、屋上へ。講評、特別賞授与、そして次回予告。今回は何より最終競技がしんどかった。運動会ということで、キャラのみならずまさか中の人までもが汗かく事になろうとは(笑) 今回は第一競技で2位、何だかんだで毎回毎回何かに入賞して景品を頂いている。参加賞・見学賞だけでもかなり良い物なのに、本当に有難い。

いつもいつも楽しい競技を考えてくださる先生、そして参加者のみなさん、ありがとうございました。

続々・うまくいかない 2 & そりゃ寄り道するさ

昨日受けたPS120狙えるクエ。スカラブレイに運び提出。報酬は釣り針。しょぼん。
次に受けたクエはこれ。
20181020_01.jpg
PS105まで狙えるクエ。

ジェロームまで運び、報酬はエサ。しかも特にエサ使わなくても頻繁に釣れるやつだ。
次に受けたクエはこれ。
20181020_02.jpg
またスカラブレイへ取って返すのもさることながら……またパイクか!

スカラブレイで延々とパイクを釣り、提出。報酬はエサ。
次に受けたクエはこれ。
20181020_03.jpg
PS110まで。

これをブリテインまで運ぶ途中……というかもうほぼブリテイン直前での事。SOSボトルを飲み込んだサーペントが釣れた。SOSを見ると……古代だ! 昨日日記にあんな事書いたせい(おかげ)か? だとしたら毎日でも書くぞ。ただ、場所がスカラブレイ付近だった。目的地は目の前だが……ノーマルならともかく、古代なら引き返してでも寄り道するさ! もっとも、寄り道したいのはそれだけでもない。出来るだけ釣る回数増やして早くダンジョン魚含むクエを受ける事が出来るようにしたい、という目論見もある。

それはそうと
20181020_04.jpg
久々の古代。やはりこれを揚げた瞬間は釣りやってる中でも上位に入る良い気分だ。中身はこれといって特記する物は入って無かったけども。

ブリには明日向かうことにして今日の釣りはここまで。この後はみずほ学校の運動会がある。ゆめに作らせた体操服もどきコスプレで頑張るぞ。

古代SOSの確率

さて昨日のクエをムーングロウまで運び、報酬はエサ。
次のクエはこれ。
20181019_01.jpg
PS110まで狙えるクエ。

ブリテインまで運び、報酬はまたエサ。
次のクエはこれ。
20181019_02.jpg
これはPS120まで狙えるやつだ! スカラブレイ遠いけどな!

スカラブレイまでの間、SOSサルベージを。そうこうしている間にもまたSOSボトルがサーペントから出たりしてうまい具合にスカラブレイ付近に3つ固まってたりスカラブレイまでの航路付近に出たりとなかなか良い。

結構集中してSOSサルベージしたのだが、ふと最近は白いやつ見てないな~と感じる。今までどのくらいの確率だろう。
 総SOSサルベージ回数……181回
 ノーマルSOS回数……168回
 古代SOS回数……11回
 船上金庫……2回
6%くらいか。前にこれまでの古代SOS率出した時よりも下がっている。

SOSにうつつ抜かし過ぎてスカラブレイ到達出来ずじまいだ。そういうわけで「続々・そうそううまくいかない 2」は明日だ(うまくいかない前提なのか)。

続々そうそううまくいかない 1 されど……!

トリンシック港でパイクをひたすら釣る。ジェローム港で釣ってた時よりも短時間で揃った。よもや特殊エサを必要としない一般魚に生息地分布などないよな……? と思わせるUO乱数すごい。報酬は本。既に何冊目かわからんやつ。
次のクエはこれ。
20181018_01.jpg
ブルークラブ採ってる間にたまってる他の甲殻類大活躍だ。おおこれは……! PS120狙えるやつだ! しかしあれだ、例えこのクエで浅瀬魚が甲殻類や深海魚であったとて、最上位の報酬が狙える点数には到達しない。やはりダンジョン魚だな……。あれは釣りスキル106からとどこかに書いてあったが、今の釣りスキルは104くらいだ。もうちょい。

さて、途中でSOSサルベージしつつ浮かぶ市場へ。報酬何だろ……わくわく……む、これは……!?
20181018_02.jpg
アレのエサではないか。PS110まで来てから初の120狙えるクエでダメだったので「続々そうそううまくいかない」シリーズの幕開けであるが、このランクの報酬ではほぼ最上級の物と言えるだろう。尤も、今のアルが得たところでどうしようもない。確かアレは、これの更に上の点数のクエの報酬であるオラクルを使用した後に伝説の釣り師がこのエサを使って釣るという手順だったはず。

次のクエはこれだ。
20181018_03.jpg
PS110まで。浮かぶ市場から少し離れて停泊して今日は終わり。


嫌がらせですか、そうですか。

ジェロームでパイクを20匹揃え提出。報酬はエサ。さすがに3連続PSはくれぬか、いくらジェロームとて。
次はこれだが……。
20181017_01.jpg
トリンシックからジェロームに来てそしてまたトリンシックへ。こういう事は良くある。まあ良い。が、問題はまたパイクということだ。さっきやっと20匹揃えて提出したところだというのに、嫌がらせか。ブルークラブといい、このパターンたまによく(どういう頻度だ)あるな……。

トリンシックとジェローム間はオークの船がうろちょろしているのでそれも嫌だ。3隻に絡まれそうになりつつすり抜け。トリンシックへ。またしてもトリンシック港でしばし停泊する事になる。

続・またやってきたアイツ

やっとのことでブルークラブを2匹捕獲した。なんだか今回はやたら時間かかった。
20181016_01.jpg
報酬は釣り針。

次のクエはこれ。
20181016_02.jpg
えー……。またパイクか。パイクは毎回毎回要求される度に釣ってて、規定数になると提出して次に行くから毎回毎回在庫ないのだ。ブルークラブの如く。救いなのは魚なのでわりと短時間で数が揃うことだろうか。
目的地がPSくれる事で有名な(どこがだ)ジェロームだが、残念ながらこれはPS110までしか狙えない。パイクが深海魚か甲殻類であれば狙えたのだが……。

ともあれ、ジェロームへ向けて出港。何日ぶりかに釣りスキルも上がる。ジェローム着。今日はここまでだろうか。

ああ勘違い

あと2匹がなかなか揚がらずやきもきするアルは置いといて。

ゆめが日々、抽出材料獲得のためにやっている通称「おやつクエ」。多くの人がご存知の通り、依頼ハゲはこいつで
20181015_01.jpg
そして受取ハゲはこいつだ。
20181015_02.jpg

いつも何気なくこなしているクエではあるが、色々勘違いしていたことが発覚。
まず1つ、こいつらは「兄弟」だと思っていた。ところが実際は「従兄弟」だった。従兄弟ってことは、親同士が兄弟か姉妹の関係で、おじいちゃんかおばあちゃんが同一。となるとこいつらのハゲ遺伝はおじいちゃんからか? それぞれの父親はどうなんだろう。隔世遺伝かそれとも代々の遺伝か……非常に気になる。

気になるがまあそこは本題じゃない。もう1つの勘違いは依頼ハゲの職業。今日までてっきり「explorer」即ち「冒険者」(我々と同じだ!)と思ってた。そしたら「exporter」、輸出業者だったのだな。何を輸出しているのだろう。これもハゲと同じく、本題には関係ないが気になる。

ちなみに受取ハゲの職業である「fierce」は「激しい(「ハゲしい」ではないぞ)、獰猛な、狂暴な」だ。なるほど。それであれか、「エルフの耳持ってこい!」とか言い出すわけか。最初あれ聞いた時は正気かこのハゲ、などと思ったものだ……。

昔の知り合いかも?

ハロウィンイベントのキャラネーム骨。ご好意で納骨堂……でもないけど納骨堂的な事をやってくださっているお店がある。こういう事が出来る方はすごいなあと尊敬するし、売ってらっしゃる物で必要な物があれば今後は積極的に買い物しようとも思う。

……とそれはそれで、骨を眺めていたら
20181013_01.jpg
知り合い(かもしれない)名前が!

かつての同盟ギルドに属してらしたお方で、何度も狩りなどで遊んでくださった。復帰した際に知り合いの家やGHのルーンにリコしまくったけど全滅だった、という事は書いたが……もう私の知り合い、あるいは私を知っている方は誰もいないのだと思っていた。同名の別キャラの可能性もある。うおみんを見ると最後の更新は去年だが、一か月以内にログインしている形跡はある。これに関しては私も、たまにログインするけど最終更新は2012年なので人の事は言えない立場にある。

MyUOで検索してみると、なんか同盟ギルドではない別のギルドでヒット。しかしながらその構成員の一部はかつての同盟ギルドのメンバーだった……。ううむこれはほぼビンゴなのかなぁ。同名キャラがこれだけ同じギルドで存在している事って、ないとは言えないけどかなり低確率だろう。MyUOの更新もどうなっているかいまいち不明だ。課金して3か月経過したけど未だに私のキャラは登場しないしな。

他の復帰者の方のブログで、昔の知り合いと再会して一緒に遊んだ、といったような類の記事を拝読するたびに、ああいいなあという羨望と、どうかこのまま楽しく遊び続けてほしいなあという願望が交ざった感情が沸き立っていた。私もそんな日が来るのだろうかと思いつつ。

それにしても、だ。そもそも私の今の活動はアルとゆめが長時間。戦士1と戦士2はほぼ誰も来ない狩場に行って狩って帰るだけ。トレハンキャラに至っては動かさない日もある。その骨のお方は、ゆめとはまず会ったことはないしアルとは会ったことあるかもないかも?レベルだ。というのも、同盟ギルドだった私のほうのギルドでは、戦士1が属していて一緒に狩りに行ったりしたのは圧倒的に戦士1が多いからだ。それにゆめやアルと頻繁に会っていたとて、そのお方がこのブログを読んでくださっている保証なぞどこにもない。戦士1でももっと公の場(どこだよ)に出ていかねばならないかなぁ……。

しばらくは骨ウォッチャーになろう。そしてあの骨が無くなっていたのなら、活動なさってらっしゃるのかなあということで何か考えよう。昔の仲間と一緒に遊べるのも良いけど、それが叶わなかったとしても、昔の仲間が今も楽しく過ごしてくれているのならそれはそれで良いだろう。いつかどこかでばったり遭遇する事もあるかも知れないしな。

なに、つまらん話でさ。

トリンシック港にて、ひたすらブルークラブ採り。
航海中でもたまに言ってるが、こういう時には余計に目立つ、船員の例のアレ。いつもはほとんど聞き流しているのだが
20181012_01.jpg
なんだそれ。もっと詳しく! 今まで数多の「つまらん話」を聞いて(聞かされて?)きたがこのパターンは初めてな気がする。

ちなみに我が船の船員、カーティスは
20181012_02.jpg
弁髪・口髭のナイスガイだ。戦士1がモヒカン、トレハンキャラがハゲな私としてはなんか仲間意識を感じる。

FC2Ad